すこやかネットサポートセンター

茨木市立三島中学校区 地域教育協議会
《夢・ふれあいフェスタ 〜地域と子どもが主役のエコフェスタ〜》

前のページに戻る
動画を見る
三島中学イメージ1
動画を見る
動画の再生には、 Windows Media Player(無料) が必要です。下のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

三島中学イメージ2

三島中学イメージ3

三島中学イメージ4

概要

 7年目を迎え地域との結びつきの深まりにより年々盛り上がるフェスタ。学校関係者や青少年関係団体の他に地域から広く出店やステージ出演者を募集。地元の専門学校や新聞店なども巻き込み、地域の多様な人々のつながりによって子どもたちを育むイベントを作り上げている。昨年度から、ゴミの分別に加えてリユース食器を使用し、環境にやさしいフェスタを実現している。

注目ポイント

〜地域の多様な団体・個人が自発的に参加!〜

  • ブース出店は地域に公募し、専門学校、新聞店、保護者有志など、多種多様な団体がフェスタに参加。
  • 多くのブースで中学生をはじめ、子どもたちが主役として活躍。
  • リユース食器を使用したエコフェスタ!地域のボランティアを募集し、回収、洗浄を行うことを通じて環境問題への意識を高める取組み。

基礎データ

実施日・参加人数
平成19年10月28日(日)約3,600人 
実施場所
三島中学校内(運動場、家庭科教室など)
主催者
三島中学校区地域教育協議会
広報手段
町会報、開催1週間前に地元新聞店が2千軒にチラシを配布、各学校を通じた生徒への案内配布、口コミ
開始年度
平成13年度

地域の特性

  中学校区にある3つの小学校区では、青少年健全育成連絡協議会を中心に学校・家庭・地域が活発に協働していた。これらの地域性を下地として、中学校が地域に根ざした学校づくり、顔と名前が一致する地域づくりをめざす姿勢を明確に示すなかで、回を重ねるごとに信頼関係が深まり、地域全体で子どもたちを育む気運が醸成され、年々大きなフェスタに発展してきた。