すこやかネットサポートセンター

豊能町立吉川中学校区 地域教育協議会
《ふれあいのつどい〜社会福祉関係団体との連携〜》

前のページに戻る
動画を見る
吉川中学イメージ1
動画を見る
動画の再生には、 Windows Media Player(無料) が必要です。下のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

吉川中学イメージ2
会場内に設置された 段差解消スロープ

吉川中学イメージ3
ステージ進行では手話通訳と
要約筆記が行なわれている


吉川中学イメージ4
インスタント シニア体験の様子

概要

 社会福祉関係団体が実施する「福祉まつり」と、地域協の「吉中校区フェスティバル」の二つの企画が合体。「ふれあいのつどい」として会場内のバリアフリーの徹底などにより、小さな子どもから高齢者や障がい者までが幅広く集うふれあいの場を実現。二つのイベントの統合により、幅広い世代が参加し、相互の理解と地域の絆を深め、子どもたちの豊かな心を育む事業へと発展している。

注目ポイント

〜1+1が、3にも4にも拡がっていく〜

  • 社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、ボランティア連絡会、隣接ショッピングセンターなど多くの団体との共催により、すこやかネットが単独で行い得ないほど、活動に拡がりがみられる。
  • バリアフリーの徹底と福祉体験コーナーの設置。
  • 子どもたちが、福祉の方の模擬店を一緒に手伝うなど、より具体的にふれあうための方策を準備。

基礎データ

実施日・参加人数
平成19年9月15日(土)約2,000人
実施場所
吉川中学校内(体育館・ピロティ・中庭など) 
主催者
吉川中学校区地域教育協議会、各社会福祉関係団体 
広報手段
町報、新聞折込、ポスター、
各学校から子どもたちに配布、各共催団体を通じて配布
開始年度
平成14年度