すこやかネットサポートセンター

大東市立北条中学校区
《北條太鼓》

前のページに戻る
動画を見る
北条中学イメージ1
北條太鼓を通じて幼児から成人までと幅広く、人と人との心のふれあい、また地域の繋がりを大切に活動しているそんな様子をご紹介。
動画を見る
動画の再生には、 Windows Media Player(無料) が必要です。下のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。

北条中学イメージ2

北条中学イメージ3

北條太鼓保存会

北條太鼓保存会は、大阪府大東市北条地区五町(東之町・北之町・中之町・四條之町・辻之町)の町会、ならびに地車保存会を軸とし、各町地車保存会の鳴り物(太鼓・鉦)指導者が中心となり平成10年に発足した。
それまでは各町それぞれのだんじり太鼓であったが、リズムを統一し、町会の垣根を越えて合同演奏をしようという動きが生まれ、それがきっかけとなり太鼓の名称を「北條太鼓」と新たに命名した。
郷土の伝統でもある素晴らしい太鼓のリズムを後世に継承・伝承すべく、北條太鼓保存会は誕生した。
会員も幼児から大人までと幅広く、太鼓を通して人と人との心のふれあい、また地域のつながりを大切に活動している。
毎年10月に行われる秋祭りには、日頃の稽古の成果を遺憾なく発揮し、地車には欠かせない存在となっている。

北条ふれ愛フェスティバル

地域での北條太鼓熱は年を追うごとに次第に高まり、「発表する場をつくれないか」という声が地域住民の間からあがりはじめた。時を同じくして、北条中学校区ふれ愛教育協議会では地域交流の機会の増加を求めていた。
地域と学校の思いがあいまって、北條太鼓をメインに地域文化を発信することを目的とした「北条ふれ愛フェスティバル」が開催された。平成9年から始まったこのイベントは、実行委員会に青少年指導員・北條太鼓保存会・人権北条地域協議会・小中の学校関係者などが入り、企画立案を行っている。
北条ふれ愛フェスティバルを通じて、北條太鼓は長い歴史のある町会だけにとどまらず、地域の伝統文化として、新しい地域や学校・諸団体などをつなぎ地域全体を一つにしたともいえる。

学校とのつながり

北條太鼓は学校教育にも取り入れられている。北條太鼓保存会のメンバーが学校に出向き、子どもたちに太鼓の指導を行い、体育祭のオープニングなどで披露している。北條太鼓を通じた様々な交流がきっかけで地域に開かれた学校づくりもすすみ、北条中学校区の教育コミュニティが創造されている。