すこやかネットサポートセンター
すこやかネット HOMEに戻る

Q&A集

「協働(きょうどう)」ってどのような意味ですか?

学校、家庭、地域社会が個別に教育機能を発揮するのではなく、三者が一体となって、教育や子育てに関する課題を共有するとともに、解決に向けた多様な取り組みを展開することです。

「教育コミュニティ」ってどのようなものですか?

教育を縁にして、子どもどうし、子どもと大人、大人どうしが豊かに交流し合い、それによって人々がつながり、「顔と名前が一致する人間関係」をつくるなかで、子どもの教育や育ちを見守っていく活動や、そのような活動が実施されている地域のことです。

「教育コミュニティ」づくりはどのようにして推進するのですか?

大阪府教育委員会では、平成12 年度から各市町村・教育委員会と連携を図り、各中学校区(大阪市を除く)に「教育コミュニティ」づくりの推進組織である「地域教育協議会(すこやかネット)」を段階的に設置し、
平成14年度には府内の全中学校区に設置しました。各協議会についての詳細は各市町村教育委員会にお問い合わせください。

「地域教育協議会(すこやかネット)」ってどんな組織ですか?

「すこやかネット」は小・中学校、幼稚園・保育所、PTA、自治会、青少年育成団体、子育てグループ、NPOの関係者など、地域の幅広い人々が構成員となり、学校と地域との橋渡しをします。また、中学校区単位に設置するのは、地域の乳幼児から中学生ぐらいまでのすべての子どもを対象と考えているからです。

活動を進めていくなかで、情報やアドバイスが必要なときはどうしたらいいですか?

「地域教育協議会(すこやかネット)」ってどんなことをするのですか?

1.連絡調整機能

  • 子どもの教育について話し合う場や機会を設定したり、課題解決に向けた取り組み を推進するため、学校・家庭・地域間の連絡調整をします

2.地域教育活動の活性化

  • 学校・家庭・地域の現状や課題、取り組みに関する情報収集・発信(教育コミュニティ 誌(紙)の作成・発行)
  • 子どもや親子の体験活動の充実や子どもの地域活動への参画の促進○家庭教育への支援(子育て講演会の開催、子育てグループの育成等)
  • 当面する課題や重要課題等の解決に向けた学習会や研修会の開催

3.学校教育活動への支援・協力

  • 学校教育活動への支援(安全対策や職場体験などの体験学習への協力体制づくり、校外補導など児童生徒の非行防止への協力等)
    ◎地域の実情に応じてさまざまな取り組みが行われています。

地域コーディネーター養成講座修了者の役割は何ですか?

リーダーではなく、地域において学校や団体等の相互信頼関係を築くための「つなぎ」役です。つねに課題意識をもちながら、できることから活動していくことです。

活動を長続きさせるために必要なことは何ですか?

(c)SUKOYAKA NET SUPPORT CENTER  2004